兵庫医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室

    トップページ

    主任教授ご挨拶

    教室紹介

  • スタッフ紹介
  • 入局案内
  • 先輩医師からのメッセージ

    患者さまへ

  • 外来案内
  • 腫瘍外来
  • 耳外来
  • めまい・平衡外来
  • 鼻・嗅覚外来
  • 味覚外来
  • 耳管機能外来
  • 幼児難聴外来

    教室紹介

  • 患者さんのご紹介について

先輩医師からのメッセージ

雪辰 依子先生

雪辰 依子 先生
平成19年兵庫医科大学卒 / 兵庫県立淡路医療センター 医長

自分のすすむべき科の選択で迷っている後輩へ

はじめまして、雪辰依子です。
耳鼻咽喉科医師となって、8年目になります。

平成19年に兵庫医科大学を卒業し、母校で初期臨床研修を修了した後に、母校の耳鼻咽喉科へ入局しました。
当初、私は小児科を志望していましたが、初期臨床研修の2年目で耳鼻咽喉科を選択したことがきっかけとなり、現在耳鼻咽喉科医となっています。

こどもが好きであること(耳鼻咽喉科の病棟は夏休みの間は、一部小児病棟のようになります。)、とは言いつつも乳児から高齢者まで患者さんの幅が広いこと、外科的な処置やフットワークの軽さが自分のリズムに合っていること、とは言いつつも内科的な治療から外科的なものまで幅広いこと、それらに当医局の雰囲気の良さも加わって耳鼻咽喉科医となることに決めました。

後期研修1年目を大学病院で行い、2年目から大学院へ入学しました。
大学院1年生の間は夜間大学院生として、大阪府立母子総合医療センターの耳鼻咽喉科へ8ヵ月間勤務させて頂きました。小児耳鼻科という特殊な領域ですが、そこで診る疾患は大学では学ぶことができないものばかりで大変勉強になりました。扁桃摘出術・アデノイド切除術、鼓膜チューブ留置術は多数、ほかにも気管切開術や気管喉頭分離術、気管支鏡を用いた手術、、など多くの手術を指導して頂きました。

3年目からは大学へ戻り、機能病理学教室で基礎研究に励んでいます。関連病院の外来勤務と、実験をすすめる日々を送っています。
「鼻茸の成因について」というテーマについて、手術標本を集めて研究をしていますが、臨床とはひと味違った化学論理的な思考や手技を指導して頂き、実験がうまくいった時の達成感を噛みしめたり、うまくいかない時にその改善法に頭を悩ませたりしています。

さいごに、自分のすすむべき科の選択で迷っている後輩も少し耳鼻咽喉科へ興味をもってゼヒ見学しに来てください!耳鼻咽喉科を考えている後輩はゼヒ一緒に楽しく仕事をしましょう!
ちなみに、当医局の雰囲気はとても良いです。

←先輩医師の一覧へ戻る
ページの先頭へもどる