兵庫医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室

    トップページ

    主任教授ご挨拶

    教室紹介

  • スタッフ紹介
  • 入局案内
  • 先輩医師からのメッセージ

    患者さまへ

  • 外来案内
  • 腫瘍外来
  • 耳外来
  • めまい・平衡外来
  • 鼻・嗅覚外来
  • 味覚外来
  • 耳管機能外来
  • 幼児難聴外来

    教室紹介

  • 患者さんのご紹介について

耳外来

診察曜日 担当医
月曜日 午前診察 阪上 雅史、池畑 美樹
火曜日 午前診察 池畑 美樹
水曜日 午前診察
木曜日 午前診察
美内 慎也

疾患:中耳炎から老人性難聴まで、難聴、耳漏、耳痛、耳閉感、耳鳴、めまいなど耳症状を有する疾患はすべて診断・治療致します。次に、代表的疾患につき述べます。

慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎

慢性中耳炎は大人に多く鼓膜穿孔、耳漏、伝音難聴を三主徴とする疾患で、風邪を引くと耳漏が出て、放置しておくと難聴が進んでいく疾患です。

真珠腫性中耳炎は中耳真珠腫とも呼ばれますが、悪性腫瘍ではなく炎症疾患です。ただ、慢性中耳炎に比べて炎症の度合いが強く、周囲の骨を溶かしていきます。耳漏・伝音難聴の他、めまい、顔面神経麻痺、感音難聴、時には髄膜炎などの合併症がみられる怖い疾患です。

両疾患とも手術療法が基本です。鼓室形成術と言い、
①病巣を清掃して鼓膜穿孔を閉鎖し(炎症を取る) ②耳小骨連鎖を再形成して聴力を改善する機能手術です。

当科では、年齢、罹病期間、聴力、炎症の度合、合併症などを考慮し、各症例毎に最適な手術法を選択しています。

耳手術総数は2007年(平成19年)249件、2008年(平成20年)294件、2009年(平成21年)350件、2010年(平成22年)360件、2011年(平成23年)380件、2012年(平成24年)335件、2013年(平成25年)343件、2014年(平成26年)366件、2015年(平成27年)355件でありました。これは全国で3位、大学病院では1〜2位(週間朝日より)であり、鼓膜穿孔閉鎖率、聴力改善率ともに全国トップレベルであります。

近医で「耳手術が必要」と言われた患者さんは当科に相談して下されば、患者さん個人個人にとって最善の治療を選択いたします。
現在、当院の倫理審査委員会で承認を受けた「真珠腫生中耳炎の術後成績の検討」の研究を行っており、過去に当科にて手術を施行した症例のデータ解析を行っております。

耳硬化症

3つ目の耳小骨であるアブミ骨が固着する変性疾患で、20歳以上の女性に難聴が徐々に起こって来ます。欧米に多く日本人には少ないと言われてきましたが、診断技術の進歩と共に増えてきました。

治療はアブミ骨手術という手術療法しかありません。ただ、症例数が少ないため、欧米に比べて日本では手術成績が安定しませんでしたが、最近、脚切断にレーザーを導入してから、術後のめまいもほとんどなく、安定した成績が出るようになりました。筆者は100例以上の経験があり、この2, 3年は術後気骨導差10dB以内が80〜90%という世界標準の成績を得ています。

耳硬化症なのに、感音難聴や老人性難聴と言われて放置されてきた多くの患者さんをアブミ骨手術で聴力改善してきました。近医で「耳硬化症かもしれない」と言われた患者さんは当科に是非ご相談下さい。

人工内耳(高度難聴ー聾の方)

人工内耳は臨床応用されてから30年弱で、日本では保険適応になってから15年余が経過しました。この間に日本全国で6000人以上が人工内耳埋め込み術を受けられ、失った聴覚を取り戻す手術として定着しました。当科でも14年間に100例以上に人工内耳を埋め込み、良好な成績を得ています。

現時点では、コクレア社の最新型のCI24RE(CA)型のContour Advanced Electoroleを用いており、良好な成績を得ています。

大人になってから聞こえを失った、あるいは補聴器が使えなくなった成人の方は、人工内耳を埋め込みますと、会話が可能になり、電話で話せる方も多数おられます。最近では、補聴器と同じく、両耳に人口内耳を埋め込むことを始めており、方向感や雑音下での韻音聴取の成績が向上しております。

後に述べます幼児難聴外来とタイアップして、先天性高度難聴の子供さん(1000人に1人)にも安全に人工内耳を埋め込むことが可能ですが、言語中枢が発達していないので言葉を覚えることに時間がかかります。言語療法士がお母さんと一緒に根気よく練習します。成人も子供も家族の協力が一番大事です。

急性化膿性中耳炎(赤ん坊の中耳炎)

風邪で鼻水が出た後、耳痛、耳漏、発熱がみられる1〜3歳の乳幼児に多く見られる中耳炎です。

昔は抗生物質を飲めばすぐに直る疾患でしたが、この10年間にペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)や耐性インフルエンザ菌が出現し、10〜20%は難治化・反復化します。それ故、初期治療において適切な抗生物質の投与、重症例には躊躇せずに鼓膜切開が必要です。

当科には難治化、反復化した急性中耳炎が近医より多数紹介され、難治例の経験が豊富です。1〜3歳の中耳炎で長引く場合は、一度当科にご相談下さい。最適な治療法を選択いたします。

滲出性中耳炎(痛みのない中耳炎)

小学校就学前の4〜6歳に多い痛みのない中耳炎です。

難聴の程度は軽いですが、すぐに軽快することは少なく、根気の要る治療が必要です。中耳と鼻をつなぐ耳管の通りを良くする通気療法、中耳腔の滲出液を除く鼓膜切開や鼓膜チューブ留置術、鼻の通りを良くするための頻回の鼻処置、増悪因子を取り除くアデノイド切除術などを行います。

頭蓋骨が大きくなる10歳前には治ることが多いですが、約10%は真珠腫性中耳炎や癒着性中耳炎に進みますので、4〜6歳の治療は重要です。また、4〜6歳は言葉を覚える時期なので、その意味でも治療は重要です。

なかなかよくならなくて不安なお母さん方はいつでもご相談下さい。各人の状態に応じた最適な治療法をアドバイスいたします。

老人性難聴

誰でも年をとると聞こえが悪くなります。これを老人性難聴と言います。

①原因不明 ②両側性 ③徐々に悪くなる ④高音が聞こえにくくなる、
⑤聴力レベルに比べて言葉の聞き取りが悪くなる など

上記のような特徴があります。

まれに、聴神経腫瘍などが後ろに存在することがありますので、耳レントゲン、MRIなどの精査が必要です。残念ながら治療法はありませんので、補聴器が勧められます。

補聴器は40〜50万円する高価な物ほど良く聞こえるということはありません。各人の聴力レベル、聴力型、生活環境に応じて合わす(フィッティング)が重要です。当科では、毎週金曜午後に予約制で補聴器フィッティングを行っておりますので、まず耳外来へ受診されることをお勧めします。

突発性難聴

ある日突然片方の耳が聞こえなくなる難聴で、患者さんは発症時の様子を覚えられていることが多いです。耳鳴りやめまいを伴うことがあります。原因不明で治療法は施設により若干異なりますが、当科では安静とできるだけ早くステロイドの大量点滴投与を行います。

予後は回復が3分の1、不完全回復が3分の1、非回復が3分の1で、1週間以内に治療を始めた症例は回復率が高く、めまいを伴う例や糖尿病を合併する例は回復率が悪いとされています。

突発性難聴に罹患したら、できるだけ早くステロイドの大量投与を始めることが肝要です。

ページの先頭へもどる